ホーム > 日記 > 水分摂取と食物繊維の摂取等の食生活の改善が肝要

水分摂取と食物繊維の摂取等の食生活の改善が肝要

便秘でも様々な症状がありますが、若年層の場合、下痢と便秘を繰り返すなどの便通の乱れが見られる「過敏性腸症候群」によるものの他、高齢者の場合は、加齢に伴い、腸の蠕動運動が低下する事による便秘症もある為、見極めの為には、消化器内科等の専門医に掛かり、適切な処方を受けられた方が良いかと思われます。

その他、腸閉そく等のイレウスを繰り返している方の場合は、便秘を防ぐ事が必要になってきます。

下剤の服用のタイミングは主治医の指示によりますが、下剤の多用により、腸が荒れる事もある為、出来るだけ、食生活の改善で便通の緩和を図る事が出来ればと言うところです。

まずは、水分摂取ですが、糖尿病などの既往症がない限り、本人様が好む飲み物を提供する方が良いかと思われます。

後は、食事面ですが、ひじきや寒天わかめこんにゃくなどの海藻類の摂取も有効かと思われます。

但し、嚥下力が低下している方の場合は、誤嚥を防ぐ為の工夫が必要かと思われます。

その他、乳酸菌としてヨーグルトの摂取の他、オリゴ糖の摂取等もありますが、そのひとにあった方法でされた方が良いかと思われます。

ラクリス菌の効果と便秘改善サプリ